キラートマトのある生活

カードゲームをディスりつつたまに褒めてあげるブログ

遊戯王

クロスオーバー・ソウルズ1箱とストラクチャーを3つ買ってきた

俺は今試されている。
なんでカードを引退しているのに、新しい遊戯王のカードを毎回買ってしまうのか

これは現役なんじゃないのかって でもやってくれる相手がいないので引退ってことでいいでしょう

今回買ってきたのは今日発売のクロスオーバーソウルズ1箱とサイバーのストラクチャー機光襲雷を3つ
前に3つストラクチャー買ったんだけど、今は手元にないので、また買ってしまいました。
結局6つ買ったってことになるし、ペラペラだし、でもまたサイバー組みたいから仕方ない。

というわけで1箱を開封


出るわ出るわサイバー流と関係ないカードが沢山

全部開封した結果サイバーインフィニティのレリーフが1枚でたのでまぁギリギリ良いとしましょう。
シークレットレアがギャラクシーサイクロンとかいう、サイクロンの強化版みたいなのが出て、これはマジで強いんじゃないか、と思いサイバーデッキに入れることにしました。

当たったカードの中に、帝家臣というシリーズが多くて、一瞬、帝デッキイイじゃん!
と、思ったけど、帝作った人なら思うあのワンパターンな感じ、インヴェルズデッキで味わったあの閉鎖的な感じ
あれが嫌なので作ることは見送りました。

サイバーデッキは9割完成までもって行けたので、もう少しお待ちを~

おしまい

サイバードラゴンは男のロマン インフィニティは可能性

サイバードラゴン
星5 光属性 攻撃力2100 守備力不明

効果 相手の場にモンスターがいて、自分の場に何もいない時、手札から出せる。

TUEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!

自由だ


当時高学生の頃、板橋の玩具屋で売られていた サイバードラゴンに私達は驚愕した。

遊戯王=デーモンの斧を装備したデーモンの召喚が最強
ミラーフォースは無敵
2000円のビデオ付きに入ってたブルーアイズは偽物 ジャッジマンはカス

で止まっていたデュエル脳にはインチキに見えた。
さらにサイバードラゴンは融合して、攻撃力4500になる!強すぎィ!!
そう思った。

実際当時のデュエリストから見たサイバードラゴンはそこまで強かったのかは分からないけど、無知の引退デュエリストには衝撃を与えてくれた。

それから数ヶ月か数年後、友人たちと懐かしさで遊戯王に復帰し、ライフポイントが4000じゃないことに驚き、バイト代もすべて遊戯王やカードスリーブにつぎ込むほど数年にわたり、のめり込んだ。そして半引退状態の今に至っている。

そんな私が遊戯王を初めてすぐ本気を出して組んだのが、サイバードラゴンデッキだった。

キーカードはサイバーエルタニン

無茶弱かった。

友人のアンティークデッキに全く歯が立たず、シンクロ召喚に手を出してしまい、更なるのめり込みに拍車がかかってしまった要因を作ってしまった。

そんなサイバードラゴンデッキに新しいエースが出たそうじゃないか その名も
サイバードラゴン・インフィニティ ∞の申し子

相手のモンスターを吸収!さらに相手の効果を無効にできる!

TUEEEEEEEEEEEEE!!

これは強い。

でも同時に悲しい。

融合のカードデッキにいらねーじゃん!!
パワーボンドさえいらねーじゃん!!

サイバードラゴンと言えば融合してなんぼなのにしないとは!


これはサイバードラゴンの正統進化なのだろうか・・・スカルグレイモン的な進化なんじゃないだろうか・・・

でも面白そうなのでデッキだけは考えます 気が向いたらサイバードラゴンデッキのレシピも上げます。
エクシーズ型サイバードラゴンって型になるのかね

それでは

Vジャンプという雑誌に550円の価値があるのか

遊戯王プレイヤー愛読本と言えば、、、Vジャンプだ!
もおお

Vジャンプと言えば月刊遊戯王とも言えるぐらい、遊戯王におんぶにだっこな雑誌である。

昔はデジモンが載ってたり、少し前には野球の漫画が載っていたが、Vジャンプ1月号(550円)の内容は、、、

表紙 遊戯王 (遊戯王かドラゴンボールかのツーパターンしかない)

最初のカラーページ 遊戯王

1つ目の漫画 遊戯王5Ds (内容もない 絵も下手糞 だらだら続く さっさと終われ)

間のカラーページ 遊戯王から始まり、週刊ジャンプの漫画のゲームなどの広告

遊戯王の全員応募券と携帯アプリのコード

2つ目の漫画 ドラゴンクエスト蒼天のソウラ (ドラゴンクエストXを題材にした漫画 キャラも魅力的で面白いVジャンプの看板漫画に成長)

3つ目の漫画 すらいむもりもり (結構長い漫画 おもしろい 看板漫画の1つ)

4つ目の漫画 遊戯王ゼアル (看板漫画 あんまり連載してないのになぜかもう終盤な漫画 もうひとつの遊戯王漫画より面白いので、ぜひともあと1年は続いてほしい)

間のカラーページ ゲームとかアニメの広告 デジモンをまたやってくれるのはほんとにうれしい

5つ目の漫画 ゼクス (カードゲームが元っぽいけど、なんだかよくわからない)

6つ目の漫画ドラゴンボールヒーローズ (次週からウェブ版へ 残念)

最後のカラーページ  ナルト映画やるよ&次週の内容告知&来月号には遊戯王のカード付くよ


これが550円の雑誌の内容を細かく整理したものである。

応募券目当てでVジャンプを買う人の気持ちになれば、遊戯王の応募券だけを売ってくれ だけど、あえて個人的にVジャンプに550円の価値を持たせるならば、
遊戯王関連の告知記事に100円 ゼアルの漫画50円 ドラクエの漫画2つ 70円
残りの当たり障りのない記事&漫画30円 遊戯王の全員応募の券300円 ってところだろうか。


結論 

550円は高すぎる カードのおまけもついてないんだから450円にしろ糞雑誌


以上です。 

インフェルノイドとインターネットお絵かきマンorウーマン

遊戯王の話

インフェルノイドという新カテゴリーに興味があり、パックを購入し続けた。
発売日に1箱、パックを見かけた時に10パック、友達と待ち合わせの合間に10パック、ポケモン買おうか迷った合間に1箱、深夜の徘徊中にコンビニのパック全部買い上げ・・・

そしてついに三枚ずつインフェルノイドカードが集まった。
私はまず3枚ずつ集めてからじゃないとデッキを組む気持ちにならないのだ。

特に気に入ったのが、インフェルノイド・ネヘモス レベル10の悪魔様だ 
私は、小型中型モンスター大量展開デッキよりも、超大型モンスター一体ドン!!の方が好きなのでもう最高!

特殊召喚した瞬間 ブラックホーーール!! 
自分のモンスターを生贄に神の宣告ーーー!!

強い めちゃくちゃつよいぞおおおおおおおおおお!!
と思い、デッキに3積み 他のインフェルノイドモンスターも三積みしていざ回せ

むむむ なんだこれは 場になんも出せん!!!
そうなのです。インフェルノイドモンスターだけじゃ全然デッキ回らないんです。どうしましょう。




絵師通称インターネットお絵かきマンorウーマンのお話

絵師って言葉相当気持ち悪いからやめろよ!!
金もらって絵描いてるならイラストレーター
趣味で書いてるなら 趣味 絵を描くこと
インターネットに乗っけてる、趣味 絵を描くことなら インターネットお絵かきマンで統一しろ アホ垂れ


おしまい

ヴァンパイアデッキ2014&萌えを滅ぼす

遊戯王の話

たまには時事ネタでもってわけで10月31日の今日に合わせてヴァンパイアデッキを組みあげました。

そもそもハロウィンって六本木とかの外人とその外人かぶれの日本人しかやってない謎のお祭りなんだか式典なんだか、行事なんだか

はっきり言ってハロウィンには興味1ミクロンもないけど、バンパイアデッキはなかなか面白いデッキです。

最近追加された海外先行のテイストがやけにリアルチックなヴァンパイア2枚を組み合わせると、あら不思議、星5モンスターが大活躍するデッキになります。
そしてエースは星7のヴァンプちゃん 相手を寝取ります。

しかもヴァンパイアはアンデットの癖に生贄召喚をしないと効果が発動しない系の、どっちかって言ったら悪魔寄りな一族なので、ちょっと事故が怖いけど、そこも通好みです。


アニメの話

深夜アニメを付けると、僕の○○となんとか ○○のなんたかがどうたら とか似たようなタイトルに似たような内容、似たような女の子が沢山に、なぜか1人の主人公 みたいな糞アニメが毎月毎月放映され消えていく

クールジャパン(大笑)とかいうションベン萌えアニメや、クールジャパン(糞)の筆頭株主ウパールーパーこと、キャリーパムパムみたいな顔した、露出系オタク女の繁茂により、我々硬派なロボットにのみ興味のあるオタクの活動域が年々狭まりつつある!!


立てよ!全国10万人のロボットオタク達よ!

今こそ萌えアニメを滅ぼせ~~~

その足掛かりとして、放送から20年近くたってもなお語り継がれる、英雄的アニメ 魔神英雄神ワタルをリメイクして夕方の時間にもう一度流してほしい!!これが今の願いです。

え?何?毎年放送してた勇者ロボも、ガンダムも全部同じに見えるぅ!?ワタルもラムネも同じにしか見えないだとぉ!!??

ま それは一理あるね!

AKBの子の顔を最初見た時にみんなおんなじ顔してる!!!!
と思ったのと同じ感情だね 直に馴れるよ

だから同じような萌えアニメ流して、中高生を暗黒の道に踏み込ませるのはやめろよ 背も伸びないぞ!
オタク
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ